Florestan www.florestan.co.jp
アーティスト チケット申込 CD情報 CDご購入 CD制作 録音その他 会社案内 リンク TOPページ
新倉瞳 奥田祐 草刈とも子 彦坂眞一郎 川口力 Yoko-Maria 柴田智子
大塚啓子 斉田正子 松井康司 小倉清澄 ピアノ・トリオ 新井靖志 金益研二
堀雅貴 鳥山玲子 小池美奈 岡庭矢宵 薗田真木子 山形ゆう子 川島由美
織田準一 佐野巧枝 洗足学園音楽大学サクソフォーンオーケストラ 松岡宏明 斎藤龍 荒井桃子 saxcherzet
Harp & Soul 立花千春 青木美稚子 しらいみちよ 吉田靖子 二宮和弘 国立音楽大学 NewTide Jazz Orchestra
アリオン・サクソフォーン・カルテット 石渡智子 大塚茜 高瀬真由子 ヴィタリ ユシュマノフ 加藤薫 松川峰子&別所ユウキ
矢田部一弘 ルナーチェ 小寺香奈 遠藤剛史 trio aimois(トリオ・エモワ) パ・ドゥ・シャ 三國可南子
Kokoro-Ne 尾崎千賀子 小森伸二 新山久志     CD情報TOPページ

CD Infomation CD情報

  ピアノ・トリオ Violin/Clarinet/Piano    

 
今年度最大の注目盤
若きヴィルトゥオーゾたちの競演!
スーパー・ピアノ・トリオ誕生!
崎谷直人vl、新倉 瞳vc&沼沢淑音pf
 
2010年4月20日発売予定

photo_崎谷直人 photo_新倉瞳 photo_沼沢淑音

20代前半の次代を担う若きアーティスト3人によるピアノ・トリオ。このメンバーで先ごろ開催されたルーマニア国際音楽コンクール室内楽部門で第1位を獲得、高い音楽性、表現力を評価された。人気、実力共にフレッシュで最高のトリオ誕生。
それぞれソリストとしても活躍しているが、若さに似合わず、外面的なパフォーマンスではなく、室内楽の限りない表現の深さとアンサンブルの緻密さを追求しつつも、ほとばしる感性溢れる演奏に期待。
ピアノ・トリオの最もポピュラーなメンデルスゾーンと室内楽の原点とでも言うべきハイドンとの組み合わせも室内楽ファンの心をくすぐる。

【収録曲目】
メンデルスゾーン:ピアノ・トリオ第1番 ニ短調
ハイドン:ピアノ・トリオ第39番 ト長調「ジプシー風」

2010年2月20、21日 東京エレクトロン韮崎文化ホールにて録音
FLCP-21010 2,800円(税込)
発売元:株式会社フロレスタン 03-6457-4695 http://www.florestan.co.jp/

<プロフィール>
崎谷直人(さきや なおと) [ヴァイオリン]
1987年生まれ。4歳でヴァイオリンを始める。98年ノボシビルスク国際コンクールジュニア第1位、00年メニューイン国際コンクールジュニア第3位。02年、当時最年少(15歳)でケルン音楽大学に入学。その後パリ市立音楽院で学ぶ。06年に帰国し、桐朋学園大学ソリストディプロマコースに在籍。高田美穂子、ブロン、プーレ、ドガレイユ、原田幸一郎各氏に師事。これまでに、東京フィル、神奈川フィル、京都市響、ノボシビルスクフィル等とソリストとして共演。また、06年に結成した1stを弾くウェールズ弦楽四重奏団を結成し、軽井沢八月祭、宮崎国際音楽祭、プロジェクトQ他、国内の多数のコンサート、音楽祭に参加。2008年度、松尾学術振興財団より助成を受ける。同年夏には、東京クヮルテットの招きにより米国イェール大学の夏季アカデミーNORFOLK CHAMBER MUSIC SESSIONに参加。同年9月、ミュンヘンADR国際音楽コンクールクァルテット部門で、日本人のみで結成されるクァルテットとしては、東京クヮルテット以来38年ぶりの3位入賞を果たす。2009年3月に王子ホールにてデビュー。これまでに原田幸一郎、徳永二男、毛利伯郎、山崎伸子、マティアス・タッケ、アンドラーシュ・ケラー、東京クヮルテットの各氏に師事。来年秋よりバーゼル音楽院に在籍し、ハーゲンQの2nd奏者、ライナー・シュミット氏に師事する予定。現在、ウェールズクヮルテットを中心に活動している。

新倉瞳(にいくら ひとみ) [チェロ]
1985年生まれ。8歳よりチェロを始める。当時ドイツにて、ヤン・ヴィミスリッキー氏に師事。11歳で帰国後、毛利伯郎氏に師事。2001年桐朋女子高等学校音楽科に入学。室内楽を、毛利伯郎氏、堤剛氏、原田幸一郎氏に師事。IMA音楽賞受賞。アスペン音楽祭に奨学生として参加。宮崎国際音楽祭、鎌倉芸術館ゾリステン、プロジェクトQなどに出演。これまでに、飯守泰次郎指揮、東京シティフィルハーモニック管弦楽団をはじめ、プロオーケストラ、アマチュアオーケストラと多数コンチェルトを共演。2006年8月、東芝EMI(現「EMI Music Japan」)よりアルバム「鳥の歌」をリリース。各音楽雑誌や新聞、TV等で取り上げられ、好評を得ている。2007年12月、タイ・バンコクにて文化庁認定事業「日タイ修好120周年記念コンサート」にソロ・チェリストとして出演。2008年桐朋学園大学音楽学部を首席で卒業。皇居桃華楽堂新人演奏会にて御前演奏を行なう。同年12月2ndアルバム「トロイメライ」をEMI Music Japanよりリリース。2009年4月より、「ビフィーナ」(森下仁丹株式会社)CMキャラクターとして起用され、「愛の挨拶」編と「歌の翼に」編が全国でOAされている。
2009年8月第5回ルーマニア国際音楽コンクール室内楽部門にて第1位入賞。10月末、EMI Music Japanより3rdアルバム発売。合わせて2010年1月31日には東京文化会館において発売記念リサイタルを開催。堤剛氏に師事。

沼沢淑音(ぬまさわ よしと) [ピアノ]
1987年 神奈川県に生まれ5歳よりピアノをはじめる。
1998年 毎日新聞社主催、第52回全日本学生音楽コンクール東京大会小学校の部第2位受賞。2000年 毎日新聞社主催、第54回全日本学生音楽コンクール東京大会中学校の部第2位受賞。2003年2月 外山雄三指揮・仙台フィルハーモニー管弦楽団と共演。2004年3月「第5回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」第3位受賞。2005年3月桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)ピアノ科を首席で卒業、あわせて桐朋学園音楽部門より特別奨学金を授与される。2005年12月沼尻竜典指揮によるアンサンブル金沢と、シューマンのピアノ協奏曲を共演。2006年5月第1回野島稔・よこすかピアノコンクール第3位受賞。2007年NHKFM「名曲リサイタル」出演。2009年マウロ・パオロ・モノポリー国際ピアノコンクール第3位受賞。
これまでに、杉安礼子、故ウラジーミル・竹の内、辻井雅子、佐藤辰夫、広瀬康、野島稔、ミハイル・カンディンスキーの各氏に、現在はエリソ・ヴィルサラーゼ氏に師事。
桐朋学園大学ソリスト・ディプロマを経てモスクワ音楽院に留学中。


Copyright(c) 2007-  Florestan Co.,Ltd All Rights Reserved.